自作自演の被リンクほど危ないものはない。グーグルは見破っている?

自作自演の被リンクほど危ないものはない。グーグルは見破っている?

私はブログを運用し、アフィリエイトでお小遣い程度ですが、副収入を得ています。

 

アフィリエイトで副収入を得ることは、ブログを開設して以来、本当に難しい事であると実感しています。

 

 

 

 

 

ブログを始めた当初は訪問者が非常に少なく、アフィリエイトで全く稼ぐ事ができませんでした。

 

そこで私はブログのアクセスアップのためにネットでSEO対策について調べました。

 

 

 

 

 

調べてみるといくつか方法があることを知り、私はその中でも相互リンク

 

に力を入れようとしました。

 

相互リンクとは他のブログやサイトとお互いにリンクを張り合うことです。

 

こちらのブログに相手のサイトのリンクを張り、相手のブログに私のブログの

 

被リンクを張ってもらうことで、検索の上位になるようにSEO対策を施しました。

 

 

 

 

 

困ったことは被リンクしてもらうことは、難しく相手に断れることが多かったですが、

 

徐々に被リンクしてもらい相互リンクを増やしていきました。

 

そうするとアクセスアップしていき、アフィリエイトの収入が増えてくるようになりました。

 

SEO対策として効率的に被リンクの効果を発揮させたいのならば、

 

まずは検索エンジンがどのような行為を嫌うのかを知らなくてはいけません。

 

 

 

 

 

SEO対策は、検索エンジンが認めている正規のサイトの評価向上の手段です。

 

もちろん、だからと言って何をしても良いわけではありません。

 

そこには一定のルールがあるのです。

 

特に、最も気をつけなくてはいけないのが自作自演による被リンクの獲得です。

 

 

 

 

 

検索エンジンは、リンクを張っているサイトと張られているサイトの双方を比較して、

 

本当に良質なものなのかどうかを判断しています。

 

というのも、検索エンジンの巡回クローラには記憶を司る部分があり、

 

一度見たサイトやコンテンツの内容などは全てデータとして記憶しているのです。

 

つまり、絶対にごまかしはききません。

 

 

 

 

 

サイトのデータを記憶するインデックスがされている場合、

 

自作自演をしてしまいますと強烈なペナルティが待っています。

 

ですので被リンクを扱うときには、

 

検索エンジンに嫌われない方法でしなくてはいけません。

 

このぎりぎりを狙いうまくやるのが、SEO対策の肝、ポイントというわけです。