被リンクを極める

いまの時代のアルゴリズムにあった効果がある被リンクの張り方は?

一昔前であればメインサイトの順位を上げるためには、

 

被リンクの数をひたすら増やしていけば良いとされていました。

 

 

 

 

 

しかし今の検索エンジン(グーグル)には

 

一昔前の手法は通用しないと言われています。

 

私もペンギンアップデート前までは自動相互リンク集に登録して

 

アンカーテキストの分散も特に意識していませんでした。

 

 

 

 

 

その結果ペンギンアップデートではかなり打撃を受けました。

 

SEO業者のセミナーに行ったりしているのですが

 

最近よく聞くのが被リンクの張り方についてです。

 

 

 

 

 

手法としては3段階の構造にして1サテライトのリンクは1本でにしましょう的な事です。

 

メインサイトに送るサテライトを作ってその下にもまたサテライトを作る。

 

こういった3段階の構造がペンギンに対策できる方法とのこと。

 

 

 

 

 

たしかに理にかなっていると思いますが

 

個人的に思うのはこれも「今は」有効だという事です。

 

1つのサテライトから出す被リンクが1本だけというのも逆に不自然です。

 

それに記事の書き方などパターンがどれも同じ感じだと見破られやすいです。

 

 

 

なので私は1つの構造だけではなく

 

色んな被リンク元サイトを作って色々な出し方をしています。

 

結果としてこれが一番ナチュラルに見えやすいと思います。